アール・エ北陸の取り組み

アール・エ北陸は、エネルギーコンサルタントとしてエネルギーの循環を基盤とした地域循環共生圏づくりを推進支援しています。
地域プラットフォーム構築時、協議会設立支援のための企業や団体のコーディネイトや補助金申請支援などを行ったり、地域課題や地域資源の整理を支援し、地域課題解決型ビジネスの創出を行っています。

アール・エ北陸は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています
img_top_sdgs
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
出典:外務省 持続可能な開発目標SDGsエス・ディー・ジーズとは|
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

「地域循環共生圏」とは?

地域循環共生圏とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら、自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。
国は総合環境政策として、2018年4月に、複数の課題の統合的な解決を目指したSDGsの考え方を活用し「地域循環共生圏」を提唱しました。地域循環共生圏は、国際的な環境問題に取り組むための国の政策でもあり、地域の課題でもあるのです。

img_regional-circulation
出典:環境省 つなげよう、支えよう、森里川海
森里川海をつなぎ、支える取組|https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/kyouseiken.html

出典:環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム-
”地域循環共生圏”をしる|http://chiikijunkan.env.go.jp/shiru/

「地域プラットフォーム構築」とは?

地域プラットフォーム構築とは、地域循環共生圏を目指すためにかかわるさまざまな企業や団体を、一つの目標のもとでまとめ、それぞれ異なった能力を生かしていく枠組みをつくることです。
エネルギーにまつわる課題の整理をしたうえで、地方公共団体とも連携し、地域にエネルギーを循環させるためのスキーム作りの調査や勉強会、協議会設立などを経て地域課題型ビジネスを創出します。

出典:内閣府ホームページ
地域プラットフォームとは|https://www8.cao.go.jp/pfi/pfi_jouhou/platform/platform_index.html

「地域課題解決型ビジネス」とは?

環境、安全、安心、福祉、介護、教育など、地域社会に根ざした地域課題解決を目的とした地域資源を活用したビジネスです。
経済・環境・社会の3つを考えた持続性のあるビジネスが求められるなか、今ある資源と新たな科学技術を活用して創出し、地域循環共生圏を目指します。

出典:環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム-
地域循環共生圏のつくり方をまなぶ|http://chiikijunkan.env.go.jp/manabu/